お金について再考

お金について今一度考えてみたいと思います。

以前、お金をテーマにブログを定期的に書いてみようとしたことがあります。
それは、去年のことでなかなか書くことができませんでした。
結局そのままときが過ぎ今年に入ってしまったわけです。

びっくりですね。今年はコロナ一色で生活の仕方が去年とはすっかり様変わりしています。
仕事も在宅が多く、今も週2回の出社となっていてそれ以外は、自宅で仕事をしています。
そんな中なぜお金について書くことができなかったのだろうかと考えてみました。

まず、僕自身があまりお金というものに興味がない可能性があります。
もちろん、生きていく上でお金は必要ですからほしいことはほしいです。
でも、自分の中でお金って「自分の人生を生きる」ということを考えた時に
本質から少し離れている気がしているんです。

では、本質って何かってことになりますよね。
ここでいう本質というのは「自分の人生を生きる」上での本質。
それは、自分が納得して生きていく人生であり、そのような人生の中で
お金というものは本筋ではないと思っているのです。

お金が少なくても納得していれば別に問題になりません。
僕の中では、問題を解決に導くための考察を続けるということが
好きで、その場合にはとても多くの考えが浮かび、沈み、何回も繰り返し
考え、自分のものとなっていきます。
その意味でお金というものが問題になるのは、自分が納得していない場合
であり、解決に向かうためにはお金とそれに見合う価値を提供する
ということで解決できるのです。
そこからの広がりが自分の中で作ることができなかったことが
書き続けることができなかった原因と考えられます。

そして、今の時代お金をどう稼ぐかというよりもどのように生きていくか
を考える方がよりよいように感じるのです。
今の所まだ、お金を稼ぐことを考えていこうかとも思っていますが
それ以上にどのように社会に貢献できるかなぁということを考えて
みることも楽しいだろうし、広がりが出るだろうなぁ。と感じる今日この頃です。

そう、2年前の2018年に9ヶ月ほど連載で書いたように記事を書けるような気がするのです。
実際に書くかどうかはわからないですけど。

僕とお金のおつきあいはそんな感じになっているということです。
お金についてはまだ書きたいこと、書いたほうが良いことがあると思いますが、
いずれ書けるときが来たら書いてみようかと思います。

さて、あなたはお金とどのように付き合いますか。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

何を大事に行きていく必要があるのか

先日、堀江貴文さんの講演を聞きました。多分どこかの学校でお話した内容かと思うのですが、それを聞いて時間について書こうかと思い立ちました。
そして、書いてみて過去の投稿を見た時にすでに書いた内容でした。よっぽど心の中に思っていることなんだなぁと思いました。
しかし、ブログに書くには同じことを書いてもあまり意味がないなぁと思いましたので、この講演の中からもう一つピックアプして考察してみたいと思います。

グローバリズムと自分

この講演の中で堀江さんは、グローバリズムの一部について語っています。それを知るには情報が大切です。だからこそ堀江さんのように声だかに伝えてくれる人はとても重要で聞く必要はあると思います。
ここで大事なことは、グローバリズムだけではなく、自分のところに来た情報を色眼鏡をかけずに素直に情報と向き合うことと言えます。これは、誰の口を通して語られたものでも一旦自分の中で理解し自分の中で納得した上でどのような対応をするかを決めるということです。
偉い人が言っていたとしても、自分の感性に当てはまらなければそれを受け入れるべきではないと思いますし、後々同じことを言われたときには感性に当てはまって聞き入れることができるかもしれません。結局情報と向き合うタイミングというのは結構大事で自分の成長度合いと非常に密接に繋がっているのです。
だからこそ、情報以外のもの(例えば感情など)を削ぎ落とし、情報そのものの意味を吟味できる技術を身につける必要があるのです。これができるのであれば、グローバリズムの波が押し寄せ、グローバルにはこのようだけれども、自分の立場はこうであると強く言えるようになり、これが強みになっていくと思うのです。

自分の人生との関係

情報を仕入れた後、その情報をどのように自分の人生に取り入れるかは今後の人生を考えた上で非常に重要なことになります。講演で堀江さんが言われたように、アジアの富裕層はかなり多く1食5万の寿司屋でも繁盛すると言われています。
そのような富裕層の仲間入りするかどうかはあなた自身が決めることであり、グローバリズムの流れだからと追随する必要はありません。自分が追随するべきと思えばそのとおりにすればいいのです。
先程も書きましたが、自分の感性に従うこと。これが結構大事なのだと思うのです。

何が重要で大事なことか

重要なことは、自分がどのような人生を贈りたいかということであり、自分の人生を送ることであると考えます。それは、不平不満をつぶやかない人生、自分の行動、言葉に責任を持つ人生です。自分が納得することが大事です。そして、自分の人生を歩む上で必要なことはするべきであり、それは大事なことと言えるのではないかと思うのです。
そして、自分の人生を歩む上で大事なことは、今を生きるということ。これは過去の記事にも書きましたし、堀江さんも語られていますし、その他成功者と言われる人も言っていることです。

今日は、周りの状況を知ることは大事だがもっと大事なこともあるということをお話しました。
あなたはどのように感じましたか。

ここまでお読み頂きありがとうございます。

仕事は遊び心を持って〜真剣に遊ぶこと〜

仕事は楽しんでするものだというのが僕の信念です。そのため、常々仕事の話をする時に仕事と遊びを重ねて話をして他の人とぶつかることもしばしばありました。
今日はあるネットの記事を見たところから過去のことを振り返りつつ、仕事を如何に楽しんで行うかということを考察したいと思います。

仕事は遊びか


仕事は遊びかと言われればそうではないと答える人がほとんど。きっと僕もそう答えます。しかし、真剣に行うことそして楽しむことという観点で言えば仕事と遊びには共通点が多いというのは事実です。
個人的に言えば、仕事をしていて辛いことも確かにありますが、この2点は常に感じながら仕事をしているという意味では僕の中では仕事と遊びは結構同一のものと思っても良いものと感じているのです。
そこで、冒頭に書いたようなことが起こるわけです。では、僕はどのように仕事を楽しんでいるのでしょうか?

楽しむ方法


実は、楽しむ方法はたくさんあります。昔、アニメとかで幸せ探しとか言うことを行っていた世界名作劇場がありましたね。あの考え方に少し似ているような部分があります。僕の職業はSE、PGといったプログラムを作る職業です。その職業では様々な能力が必要になってきます。もちろんプログラムを組む能力はもちろん、設計能力、チーム内でのコミュニケーション、お客様との折衝などなど。そこで自分が思った行動で仕事がうまく運ぶととても喜びを感じるのです。そして、仕事を行えばお客様に感謝してもらえるのでまた喜びを感じます。プログラムを使ってもらってお客様の仕事が効率よくできるようになってまた喜びを感じるのです。

どうですか?結構ゲームとかに似ているような気がしません?あるクエストを与えられてそれを攻略する。ゲームとは違って不確定要素が多くなりますが、その分頭も使いますし、戦略も使いますし、根回しもしますし、チーム内の他の人の状況も気にします。
うまく行かないところがあればフォローに入りますし、もちろんリーダーが不在で仕切らなければいけない場合には責任の範囲に置いて仕切りをします。

物事の捉え方によって仕事もゲームと同じように楽しむことができるようになるのです。

まとめ


ここで書いたように個人的には仕事を楽しんでいます。今の僕の仕事は書いたようにチームの中で1作業員として穴があればそれを埋める立場として働いています。この働き方がいつまでもできるとは思っていませんし、次のステップ、自分の中での目的・目標に向かう必要も感じます。社会に対する貢献についても時折考えたりします。その中で今まで育んできたこと、今取り組んでいること、新たに学んでいることをいろいろと融合させながら、必要な時に手を差し伸べる準備をしながら日々生活をしようとしているのです。

さて、今回このように感じさせてもらったサイトを最後に紹介して終わります。

Googleも導入するマネジメントの仕組み「OKR」って?

ここまでお読み頂きありがとございます。

長期休暇の過ごし方2019年版

令和になって初めての長期休暇ですね。皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。うちはどこに行く予定もないので、家にいて普段できないことをしています。そこで今日は長期休暇の過ごし方としては旅行でなくても良いのではないかということで記事を書いてみたいと思います。

目次
何をやりたかったか
家族としての目標
実際にやったことその1
実際にあったことその2
まとめ
何をやりたかったか
毎年長期休暇になると自分に技術的な課題を与えて何かしらプログラムなりサーバなりを作ったりしているのですが、
今年はラズベリーパイを使って何かしらのサーバとか作ってみたかったんです。しかし、マイクロSDメモリカードを調達
する必要があり、なかなか準備できずに、いじることができませんでした。

しかし、実は、技術的にも家族的にもやる必要があることがあったので、今日はそれを書いていきます。

家族としての目標
家族としての目標は、普段できない掃除をしようということになりました。長年片付けることができていなかったので、ちょうどこの連休が良い機会だったのです。庭の草も結構たくさん生えていたの抜いて除草剤をまき、きれいになってきました。
あとは、家の中の掃除を鋭意実施中です。これは、しばらく続くかなと思います。
除草剤をホームセンターに買いに行った時に、物置が売っており、思っていたよりも安くなっていたので、購入しても良いねと妻と話していました。いずれ購入できたらいいなぁと思っています。

実際にやったことその1
技術的に行ったことは息子がUnityでゲームを作りたいと休み前から言い出したので、作成途中でした。それを完成させるという目標ができました。息子にとってはなかなか難しかっただろうと思いますが、延べ10時間ぐらいで作成できたので、ちょうどよいサンプルだったなぁと思います。僕も試しに作ってみて、音楽付けて効果音付けて終了判定も変えてみました。まあまあ楽しめました。
<参考>
【Unity入門】60分でつくるシューティングゲーム 全6回

実際にやったことその2
やったことというよりは、新しい知識に出会ったというのが正しいです。心と体についてのオンライン講座を受講しました。なかなか珍しいもので、何かの縁を感じます。講座だけではあまりよくないので、書籍などで続けて勉強を行うと思っています。

まとめ
長期休暇は、家族でどこかに遊びに行くのも良いのですが、普段できないことを行うこともそれなりに有意義ですし、ヤフーニュースでちらっと見ましたが、家で寝て過ごす人がなんだか後ろめたさを感じているらしいというのを読みました。もしかしたら、見間違いかもしれないので、そうであればすみません。
しかし、僕個人としてはその人がしたいことをできたらいいのではないかと思うのです。そして、それを周りの人が優しく見守ってあげれる世界になれたらいいなぁと感じています。
長期休暇なのに心が重くなってしまっては元モコもありませんからね。まあ、うちの子どもたちにとって何処も行かないというのはなかなかさみしいのかもしれません。
ドラえもんののび太くんの声が聞こえてきそうなそんなうちの状況ですが、うちは家族みんな楽しくやっていると信じています。

長期休暇をあなたは、どのように過ごされますか?