添加物などを気を付けているわけではなく~妻は気を付けていると勘違いしている

僕は最近シャンプーやボディーソープなどやパンやお菓子などに含まれているものを
確認することがある。

それを見て妻は僕が気を付けていると勘違いしているらしい。

ところが僕は気を付けているわけではない。
成分として何が入っているかを確認しているだけで、使ったり
食べたりするときに覚悟をして使ったり食べたりするために確認している
というだけのことなのだ。

身近で手に入るもので安全なものはなかなか存在しないことは調べれば
調べるほどわかってくる事実。
だから、手軽にコンビニなどで手に入る食べ物だったりといったものには
体に良くないものが入っていることはとても分かってくる。

だから、おなかがすいてどうしてもたまらないとなったときは
覚悟を決めて食べたりするわけだ。
だからと言って体に悪いから絶対買うなとか使うなとかは言わない。
なぜなら、行動のすべては自己責任と思っているから。
行動をするために調べることは当然するべきだし、知ったうえで
行動するのは自分の責任の範疇なのでよいのだ。納得しているから
何かあっても問題ない。
誰かに押し付けられて誰かの責任にするぐらいなら自分の意思を
通すし、自分が行動した場合その行動の責任は自分で取るように
する覚悟はできている。

人生とはそのようなもので、僕は卑怯かもしれないが
聞かれない限り僕が知りえた情報を教える予定がないのだ。
聞かれれば、その時点で知っていることと考えていることを
お伝えする。
でも、みんな聞かないんだよね。
それはそうだと思う。僕が知っていることなんて誰も
聞く必要もないからね。

だからこそ、自分で調べる癖をつけるべきなんだと思う。

調べ切れていない間は、覚悟をする。人のせいにしない。
ということで、自分の人生を生きることにしている。

そういえば、最近は缶コーヒー飲むと気持ち悪くなるので
ああ、添加物ダメになったんだなぁと思う次第です。
なので、コーヒーは自分で入れたものしか飲みません。
自販機・コンビニでも粉からドリップするのは飲めるんで、飲むなら
そのようなものになってますね。

皆さんはどう感じます?

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す