自由を得ると本当のことに気づく~自由の中の不自由さ~

ちょっとすごい曲を見つけたので、
記事に書いてみます。

皆さん、自由ってどんなものだと思います?
自由が欲しいと思ったことはありますか。
本当に自由を得ると人は、何をしてよいかわからなくなるらしいです。
そして、その時にやっと、制約があるから自由という発想が生まれるんだと
気づくんですよね。

まさにそんなことをうたった歌に出会ってしまったので、
紹介します。

自由は猛毒だったって。
すごい歌詞。

ちょっとだけ、恐怖を感じたというかなんというか。
でも癖になりそうな曲なんですよね。
(僕の中ではベースが効いていて結構好きです。)

日食なつこ -「致死量の自由」MV

では、本当の自由って何っていうと、あなたは何と答えますか。

(昔は違ったし、将来は別の回答になるかもしれませんが)
今の僕なら自分の人生を生きるって答えてしまうかなぁ。
結局人に対してあまり干渉しすぎずに、物事に自分の中で納得感を
持って受け止める。
言葉にするとシンプルですけど、なかなか行動に起こすの難しいですよね。
でも、これができると何気ないときに幸せだなぁなんて感じられるような気が
して。

これはあくまでも僕の個人的な意見です。

人それぞれに回答があっていいですから、
ご自分の中で一度自由ってなんだろうと考えてみるのもいいかもしれませんね。

人間とは自分本位な生き物と覚えたり~やはり自分も~

ニュースとか見ていて思うことがあり、記事に書こうかと思います。

まあ、タイトルにある通りなんですけど、実は自分が思っていることと反対の
ニュースに対面するとそれを避けたくなる。信じたくなくなるということが
自分の中で起きていることに最近気づいたんです。

いやぁ、なんとなく恥ずかしいというかなんというか。
自分の中ではいろいろな意見を聞いて判断したいと思っているんですけど、
ダメですねぇ。自分が正しいと思っている理論に寄って行ってしまう。

特に、片方の意見に疑惑を感じてしまっているとその疑惑が邪魔をするんですよ。

これってなんのことを言っているかといえば、ワクチンのことです。
僕は反対派ではありません。
ただ、状況を見るとどうしてもそのもの自体に信頼を置くことができないというだけのことで。
いわゆる人類史上でも初めてのタイプのものであり、まだ治験中のものであり、
長期的な影響度合いがわからないという事実があると思うんですよね。

いわゆる真ん中にある情報です。
この周りにマスコミの方や政府の方が言われているような情報がついていたり
はたまた反対する人の意見があったり。
どちらの側もデータを解釈して説明してくれたりといろいろな情報が
出てきているんですよね。

つまり、いい情報、悪い情報ともに同じぐらい出てきていて
結局どちらかわからない。
多分、メリット、デメリットもおんなじぐらいあるんだろうなと
感じるぐらいができる情報量ですよね。

個人的にわからないがゆえにいい情報を得ると疑う。
悪い情報が出るとほらやっぱりと思ってしまう。

自分って身勝手だなぁと思う次第です。

結局は、自分で決めることなのでどちらでもよいと思っていて
その時はどのようになっても自己責任として受け止めて生きていければいいかなぁ
と思っています。
この考え方が僕が考えている自分の人生を生きるということの一部であると
思うんですよね。
すべて自分が納得したうえで結果も受け入れる覚悟で行動するのが
大事なんですよね。

誰かほかの人に責任をって考えると変な方向に行ってしまうので
気を付けたほうがいいと思って生活しています。

さて、皆さんはいかが感じますか?

太陽は自分の写し鏡?~一つの話からほかの話が紐づく感覚~

今日は、太陽のお話の動画を見て思ったことを書いてみます。

実はこの動画タイトルにひかれてみました。太陽の真実ということで
最初に思ったことは太陽の表面温度が実は低いという話カナとか
思っていたんですが、違ったんです。
詳しくは以下のリンクから動画を見てみてください。10分ぐらいのお話です。

【世界が震えた太陽の真実】あなたは信じられない⁉もしも共感できたら広めて下さい

太陽は、光の存在の良い感情を受け取り増幅して地球に。
地球は、闇の存在の悪い感情を受け取り増幅して地表に。(地震など)

という単純な話。
動画ではもっと上手にお話しされてます。

僕はもっと良い感情、悪い感情の作用を平面的に受け止めていたように思えます。
特に言葉の作用に意識を向けていたので、よい言葉、悪い言葉があり、そのパワーの比率が
かなり違うというイメージを持っていました。
この動画では、感情のお話をされてましたね。
なんとなく、納得するようなしないような。

で、このお話を聞いて思い描いたのは日本にある3種の神器の八咫鏡。
なぜか太陽が写し鏡かと思ってしまってからそっちのイメージに流れた感じ。
そういえば、天照大神が天戸に隠れたって話があったなとか
そんなことを考えました。

でも、このように連想されたということは、もしかしたら日本神話も
この話に多少なりとも絡んでいるんじゃないかなんて思ってしまいました。

この動画を見て、愛とか良い感情を放てる人間になりたいなぁと思いました。

皆さんはいかがですか?

すべてのことには意味がある~今集まってきている情報~

僕は、すべてのことには何かしらの意味があると思っています。
なので、僕のところに来る情報も何らかの意味があるんだろうなと思って
見ているんですけど、一つ一つだとなかなか結び付かないものです。

今回は、今の状況で集まってきた情報をまとめてみると
今後どのような生き方がよいのかというヒントのようなものが見えてきたので
皆さんに共有したいと思います。

さて、今回は最初に情報をここに羅列してみたいと思います。
縄文時代の生活の真実がヤバイ!日本史に誇る○○がなかった歴史を徹底解説!
【ガイアの法則】日本の時代始まります!ロスチャイルド家が日本に注目する理由が凄すぎる【 都市伝説 日本 文明 】
サムシンググレート ~村上和雄さんが人類に伝えたかったメッセージ~/Something Great-Message that Kazuo Murakami
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)

僕は、今の状況については不安や恐怖などネガティブな感情を抱く人が多いのではないかと思えるのです。
実際に恐怖というものは人の判断などを狂わせたりしますので、実はあまり長い間持っていないほうがいい感情では
あると思うんですが、いったん恐怖をわきに置いておいて今の状況をじっくりかんげえてみますと、

どうですか。
何か見えてくるものがありますか。僕は、どうにもあおられてる感じがして違和感を感じてしまって
情報を入れるのもしんどくなってきました。

逆の情報として先ほど挙げたような縄文時代の話(戦争がなく平和だったとか)が上がってきたり、
日本の時代が始まるとか日本文化に興味があるような外国の人が多いとか言った情報や
日本の昔の生活は自然の中にあってどのようなものだったかとか
食糧危機に備えて家庭菜園をしたほうがいいなどといった話が入ってくるんです。

これを線で結ぶとどうなるのか。

まあ、この先日本文明が世界の中心になるかどうかはおいておいて
日本の昔の生活ぶりというものに注目していったほうがいいんだろうなぁ
という感じがしています。
縄文時代もそうですけど、実は江戸時代って260年続いた中で平和な時代だったんですよね。
江戸時代のシステムってエコシステムが非常に発達していて今よく言われている持続化できる
文化だったんじゃないかなと思えるんです。

技術をなくせとは言わないですけど、江戸時代を参考にエコシステムを
日本主体で進めていくってどうです。
なんか大きな夢で幸せな世界になりそうだなぁって一人で妄想してしまいました。

皆さんはいかがですか。

この混乱の時代をどう生きるか~あなたの人生~

やがて来るであろう社会を見据えて~今やっておくこと~

先日から混とんとした社会になってきたなぁという感想を
書いていますが、日々より強く感じてきました。
ネットでもいろいろ言われてきましたが、「1984年」という小説を
ご存じでしょうか。

この小説はいわゆる監視社会を舞台とした物語になっています。
ますます、この小説の世界に近づいているなぁという感想を
持ちます。

さて、今日はそんな混沌とした世の中にあって今後の社会は
どうなっていくであろうかを想像し、今何をしておくとよいのかな
ということを考えてみたいと思います。
ここに書かせていただいている内容はあくまで僕の個人的な意見ですので
皆さんもぜひご自分で考えてみるとよいのかなぁと思います。

まず、今日の記事を書こうと思ったきっかけになった動画をご紹介します。
遂に来る!!あの”事実”について!!あなたの”その感性”は素晴らしいのです!!

ここで語られている内容は今の総裁選に出馬されることになった方の
ことを語られてますね。
そして、この方の施策とかを考えるとどうも言論統制に近づいていくのではないか
と語られています。
最終的にネットでもリアルな場でも自由な発言ができなくなるのではという
ことを語られてます。
まあ、それだけ技術が発達してきて悪いほうに使われる可能性が
出てきたということですね。

この動画では、最後の砦は日本語と語られていて、
以前お話しした内容に絡んでくるなぁと思って興味深かった次第です。
言葉って面白い~表の意味と裏の意味~

混沌として言論統制がきつくなってきた世界になると
自由に話をすることもできなくなりますが、反面
いわゆる言葉遊びといううか暗号といううかそういうものも流行ってきたりして
とも思います。
特定のコミュニティ内でしか通じない言葉のような。

そんな世界ができてきたらそれはそれで嫌な部分と楽しい部分と
できてくるなぁと。
そういえば、昔の本「ぼくらの七日間戦争」の中でも
暗号文を使って誘拐された友人とやり取りして助け出したなんで
下りがありました。
ちょっとだけわくわくする感じです。

だから、やがて来るであろうその世界に備えて
今のうちに日本語の面白い使い方を研究するというのが
僕が考えた今やっておくことです。

これを聞いて皆さんはどのように考えますか。

精神の成長がいつの時代も大事な理由~新聞から読み取る~

今日ある新聞の記事をネットで見ました。
これを受けて、僕の個人的な戦争への思いをここに記したいと思いますし、
戦争をして日本という国をなんとか存続させてくれた人たちへの思い
また、戦争を経験した国としてどのような心持を持つべきなのかを書きたいと思います。

さて、今日見た新聞の記事はこちらです。
「日本は核で仕返しを」という子どもに衝撃 ネット動画の影響を考える【こちら編集局です あなたの声から】

ここでは、ネット動画のことに触れて実際に核兵器を造ることができるかということを
専門家に話を聞く形をとっていました。

この記事から僕個人としては、「仕返し」という言葉にどうも違和感というか
引っかかるものを感じたんですよね。

戦争が悪いことは事実です。
しかし、日本だけが悪いとかアメリカだけが悪いとかそういったものではないと思います。
もちろん、戦勝国であるアメリカの策略によって日本が悪いということになっている
ことは事実としてあるとは思いますが、それは個人的には誤りでありというのが
僕の見解です。

これは、喧嘩両成敗という考え方から来ています。

例えば、兄弟けんかをした場合はどちらかを叱るというよりは
話を聞き、どちらにも非があることを説明しながら両方に叱ります。
これは、子育てであれば、目指したい姿ですね。

もちろん、原爆を落としたアメリカは記事にある通り国際法に触れているとは思います。
つまり、日本というよりもアメリカが悪いということも事実の一つかと思います。
いろいろな人の意見とかを聞けば原爆を落とさなくても日本は戦争を終わらせる
方策をとろうとしていた、つまり降伏しようとしていたとかという話も聞きますしね。
戦争というものは人間が極限状態になっているゆえになかなか真実もわかりにくく
一人一人の人間性が表に現れてくるものであるので、同じ日本人でも
素晴らしい行動をした人もいればひどいことをした人もいることを考えると
日本であれアメリカであれどちらにしても喧嘩両成敗ではないかなぁと
思うんですよね。
あえて、原爆投下の目的の動画を紹介します。
原爆投下の真の目的『なぜ広島と長崎に別の爆弾が落とされたのか?』小名木善行がマンハッタン計画を語る

これを踏まえて、今の時代になって武器や兵器をもって仕返しをするというのは
どうなんでしょうね。
この行為はつまり相手国と同じであり、勝ち負けという泥沼に入っていく気がします。
仕返しをするならもっと別の形のほうがきつく感じる時があります。
例えば、アメリカは密かに訴えられることを恐れているのではないか
という憶測もどこかにはあるんです。
アメリカ自体も国際法違反だったことは知っているわけですからね。本来は
日本がそのような行動をとることのほうが怖いはず。

まあ、幸いにも日本とアメリカは同盟国でもありますので、そんなことは
しないとは思いますし、できないでしょう。
今のような関係がどちらかというと平和でいいのかもしれないなぁと思う次第です。

さて、ここまで過去の戦争において今になって安易に仕返しをするのはどうかということを考えてきました。
ここからは、精神的な成長がいつになっても必要なことを語っていきたいと思います。

ある日本人は、外国を収めるため信頼を得ることを目的として行動した。
ある日本人は、権力をかさに着て捕虜を惨殺した。

さてこの2人にはどのような違いがあるのか。
根底には、やはり武士道に似た精神があるのかないのかということになるのではないか。
武士道とは、簡単に言えば、どのように死ぬかを意識して生活すること。
いつ死んでも美徳を重んじて死んでいけるかということだと思う。
<参考>
日本人の精神を支える倫理的な礎 武士道|新渡戸稲造

この武士道という精神は精神的な成長につながるといえると思うのである。
ひいてはこの武士道という美徳が自分も含め、周りをよりよくしていく
原動力になるのではないか。

この中に仕返しということはあるのだろうか。
かたき討ちというものもあるのだろうか。

仕返しやかたき討ちは恨みなどを増長するものであると
考えられるので、どこかでこの連鎖を断ち切らなければ
延々と繰り返されるものであると思うことが重要で、
先の戦争を断ち切るのは、仕返しではなく
先の戦争の意味を考え、今の状況があることに感謝をして
世の中のために動くこと。それが大事なのではないかなぁと
思う次第です。

最後に、諸説いろいろありますが、天皇陛下とマッカーサー元帥の
お話を参考としてリンクを張ります。
【昭和の日】昭和天皇とGHQマッカーサー会談「天皇陛下の決断が日本を救う」神道の真の精神とは・WGIP

皆さんは、いかがお考えでしょうか。

この混乱の時代をどう生きるか~あなたの人生~

今は本当に混乱の時代ですよね。
日々のニュースを見てもそうですし、世界の情勢を
見てもそう感じます。

さて、今日はこんな時代に男性だけでなく女性も多く活躍
や発信されている方がいてすごいなぁと思ったので、
その紹介と世の中には表と裏があり、その中でもどうやって生きていくのか
ということを僕なりに考察したいと思います。

さて、今日はまづ最初にこの記事を書くことになったきっかけの動画
を紹介します。
結構突っ込んでると思うので、いつかは消えてしまうのかなと思うような動画。

マジで起きています!!トンでもないことです!!着々と進められている、、二極化、、

この方本当に頑張って発信してくれてるんですよねぇ。
そして、この動画を見るたびにまたかという感じがしています。
種苗法なども同じような流れで成立させていきましたからね。

まあ、世の中を動かしている人たちの裏にある考えは下のもの達にはわからないことが
多いですからね。
個人的には、なんとなくちょっと理解に苦しむところがあるというか
わかんないんですよねぇ。本当に。
テレビで放送されていることも言っていること自体は理解できるんですけど、
ほんとうにわかんないんですよ。

何が楽しくてあんなことしてるんだろうって。

まあ、それはさておき、こんな時代をどう乗り切るかってことを
考えさせられた動画でしたね。
もちろん、自分たちで立ち上がって声をあげていかなければいけないことも
当然なんですけど、時代の流れを帰れなかった場合も考えて
おかなければいけないと思うんですよ。

基本は、自分の人生を生きるということを念頭に行動を
するということなんですけどね。
自分の人生を人にとられるつもりはないということですね。

実は、この状況は国内からのものだけではないと
感じています。
海外からのものもかなり来ていると思いますので、
それは別の記事として書いてみたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

おしゃれなカフェを紹介する動画を見ながら考えた空間のこと

僕は昔音響学に興味を持っていたことがあります。
音ですよね。音ってとても不思議です。

音を語るには、空間は避けて通れないものですね。
そんなことを思い出させてくれたのは、今回紹介する以下の動画と
コロナ禍中での衝立の問題。これって声聞こえにくいんですよねぇ。
何とかならんかなぁと思ったときに昔を思い出しました。

【2021年まとめ】空間オタクが興奮した東京オシャレカフェ8選/TOKYOCAFE BEST8/カフェ巡り/cafe/都内

ここで紹介されたカフェたちは東京都内みたいなので、そちらにお住まいの方は
行ってみたらいかがでしょうか。
結構素敵なカフェが紹介されてましたよ。

さて、音と空間については、遠くに離れていても近くで話している
ように聞こえるような空間作りというのは可能ではないかと思うんですよね。
科学を教える科学館などに行くとよくそんな展示がしてありました。
それは、ちょっと大きな装置のようなものですけど、
もっと手軽にできないかと考えてしまいました。

物の形で音を大きく聞こえさせるものといえば、実は100均でもあるんです。
ダイソーとかセリアとかに置いてありますが、これ結構いいなと
思ったことを記憶に新しいです。

ダイソーで売ってる、2種類の音が広がるスマホスタンドを試してみた!(比較レビュー)

これに似たようなものが衝立を立ててもできないかなと思ったんですけど、
なかなか難しいのかな。
飛沫を抑えながら音は明瞭に聞こえる簡単な方法を思案してみたい。

そんなことを動画を見ながら考えてました。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

知らないということから始まる物事の考え方

今はとても混乱した世の中ですよね。
コロナが流行ってだいぶたちますが、なかなか混乱が落ち着く
様相は見当たりません。

これは、様々な動き、人の考え方などが働き、
昔に比べて情報が流れる速度が速く
どれが正しいのかがわからないことが大きく
起因していることは間違いないのではないでしょうか。

僕は自分は何も知らないんだということを肝に銘じて
生きる必要があることをよく感じています。
昔の人も無知を知ってなんぼみたいなこと言ってませんでしたっけ?

どれだけ学んでも知らないことが多くて
この世の中の大きさに圧倒されたりしますけど、
この混乱しているさなかもそれを感じて生きています。

実は、知らないんだということを基準にして生きていくと
なかなか面白いものが見えてきたりするんですよね。
日々得られる情報についてとても新鮮に向き合えますし
得られた情報を熟考することもできます。
そして、すべての情報を平等に見て判断できるようになると思うんです。

特にコロナの情報は、反対の情報が同じ量だけ出てくるので
どちらが正しいとか判断は難しく、結局自分の信じたほうで
生きていくしかないんですよね。
僕は、コロナとかワクチンについてはわからない
というスタンスでいて、どちらに転んでも
自分というものを持っていようと思っています。
そして、この件に関して他人に干渉することは
しないようにしています。
人の人生に責任は持ちたくないというかその人
がその人の人生に責任をもって生きればいいわけですからね。

さて、そんな混乱している昨今ですけれど、動画で本を紹介して
くれているものがありました。
ウィルスやワクチンについて概要を説明してくれている動画です。
これは、ベースにしている書籍もあるのですが、
そちらも読んでみたら面白いかもしれません。

ちなみに、僕は読んでませんけどね。

【本要約】おどろきのウイルス学講義 ~新型コロナウイルスの次に来そうな動物由来のウイルス~【アニメで本解説】